ABOUT US

拠点

パナソニックでは4つの日本拠点に加え、2つの海外拠点で人工知能の研究開発を進めています。

大阪本社地区(門真・守口)

本社傘下の先端研究本部に加え、4つのカンパニーの技術部門が集結した、最大規模の研究開発拠点です。当社の主要事業領域に使われる多くの商品群・デバイス群と、人工知能技術とを融合させた研究開発を推進しています。

東京地区(浜離宮)

2016年4月開設、浜離宮拠点にAI/IoT/ロボティクス/センシング関連技術者が集結し、社内外とのコラボレーションにより新規テーマ研究開発を加速します。

横浜地区

2015年以降、主に車載分野やB2B分野における画像認識技術、ロボティクス制御技術の中心開発拠点となっています。

福岡・美野島地区

1955年九州松下電器設立以来、新市場を開拓してきたフロンティア精神にあふれた拠点です。現在は、主にCNS社の新規ソリューションに向けた知的画像処理、センサ・音声信号処理開発においてAI技術を活用しています。

Panasonic R&D Center Singapore

1990年発足以来、AV信号処理技術の研究開発拠点として、技術を蓄積してきました。現在はAIの幅広い応用に対してアルゴリズム開発、システム実装、パフォーマンス最適化などに取り組み、社内トップレベルの精鋭部隊を擁する拠点となっています。

Panasonic β Research Lab

2004年サンノゼにて発足。
北米の先端研究を行う大学研究室やコミュニティと協業し、最先端AI技術の獲得・研究を行っています。
近年は、車載を考慮した高認識率かつ低演算量、全天候対応なリアルタイム歩行者検出アルゴリズムや、ブラックボックスなDeep Learningを可視化し説明可能にする技術(Explainable AI)等を開発しています。

各拠点の場所示す日本地図と世界地図 各拠点の場所示す日本地図と世界地図

ネットワーク

先端研究を行う大学研究室、シリコンバレーのベンチャー企業やコミュニティとのコラボレーションを通して、最先端AI技術の獲得・研究を行っています。

 

主な連携先一覧 (2016年5月現在) *50音順

海外大学

カリフォルニア大学バークレー校/マーセド校、シンガポール国立大学、スタンフォード大学、モントリオール大学

国内大学

大阪大学、九州大学、京都大学、中部大学、東京大学、東京工業大学、東北大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学、はこだて未来大学、福井大学、北海道大学、早稲田大学

コンソーシアム

全脳アーキテクチャイニシアティブ

公的研究機関

国立情報学研究所、産業技術総合研究所、NICT(情報通信研究機構)

実績

社内・社外でのこれまでの実績をご紹介します。