ABOUT

研究開発ビジョン

人工知能技術で移動、ビジネス、暮らしにイノベーションを起こし
「より良い暮らし」「より良い世界」を実現します

パナソニックでは、「A Better Life, A Better World」というコーポレートスローガンを掲げています。
当社主要事業領域である家電・住宅、自動車、B2Bソリューションと人工知能技術をかけあわせることによって、人々のくらしの課題を解決する革新的な製品やサービスを皆さまのもとへお届けし、「より良いくらし」「より良い世界」を実現するべく日々チャレンジしています。

研究開発分野・活用事例

下記に限らない幅広い分野で、社会へのお役立ちに向け、最先端のAI/データ分析技術を活用した研究開発に取り組んでいます。

画像認識技術 画像認識技術

画像認識

音声・言語

データ分析技術 データ分析技術

データ分析

生体データ分析

ロボティクス ロボティクス

ロボティクス

  • ロボット掃除機RULO : 公式サイト
  • スマートファクトリー
  •  

AI/IoT基盤

拠点

パナソニックでは4つの日本拠点に加え、2つの海外拠点で人工知能の研究開発を進めています。

大阪本社地区(門真・守口)

本社傘下のテクノロジー本部に加え、4つのカンパニーの技術部門が集結した、最大規模の研究開発拠点です。
当社の主要事業領域に使われる多くの商品群・デバイス群と、人工知能技術とを融合させた研究開発を推進しています。

東京地区(浜離宮)

2016年4月開設、浜離宮拠点にAI/IoT/ロボティクス/センシング関連技術者が集結し、
社内外とのコラボレーションにより新規テーマ研究開発を加速します。
Official Facebook: https://www.facebook.com/Panasonic.Laboratory.Tokyo/

横浜地区

2015年以降、主に車載分野やB2B分野における画像認識技術、ロボティクス制御技術の中心開発拠点となっています。

福岡・美野島地区

1955年九州松下電器設立以来、新市場を開拓してきたフロンティア精神にあふれた拠点です。
現在は、主にCNS社の新規ソリューションに向けた知的画像処理、センサ・音声信号処理開発においてAI技術を活用しています。

Panasonic R&D Center Singapore

1990年発足以来、AV信号処理技術の研究開発拠点として、技術を蓄積してきました。
現在はAIの幅広い応用に対してアルゴリズム開発、システム実装、パフォーマンス最適化などに取り組み、社内トップレベルの精鋭部隊を擁する拠点となっています。
Link: https://research.sg.panasonic.com/

PRDCA / AI Laboratory

最先端技術の研究開発を目的として2004年サンノゼにて発足。 北米の先端研究を行う大学研究室やコミュニティと協業し、パナソニックのビジネスに必要な先端AI技術の獲得・研究を行っています。
これまでに、リアルタイム画像認識技術、Explainable(説明可能)AI、AIの開発効率を向上させる技術(Dataset Management, Neural Architecture Search)、 ロボットアーム向け強化学習技術等の技術を開発。 近年は特にAIのビジネス応用における根源的な課題である「学習データの質や量の問題」を克服するため、アカデミックとも連携しながら挑戦を重ねています。

各拠点の研究所外観 各拠点の研究所外観

ネットワーク

先端研究を行う大学研究室、北米のベンチャー企業やコミュニティとのコラボレーションを通して、最先端AI技術の獲得・研究を行っています。

 

主な連携先 (2020年3月現在) *順不同

海外大学

スタンフォード大学、モントリオール大学(MILA)、カリフォルニア大学バークレー校、シンガポール国立大学

国内大学

大阪大学、九州大学、京都大学、中部大学、東京大学、東京工業大学、東北大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学、福井大学、北海道大学、早稲田大学

コンソーシアム

全脳アーキテクチャイニシアティブ、データビリティコンソーシアム

公的研究機関

産業技術総合研究所、国立情報学研究所、NICT(情報通信研究機構)、物質材料研究機構(NIMS)、統計数理研究所

連携ラボ

パナソニック-産総研先進型AI連携研究ラボ:パナソニックのAI分野のオープンイノベーション拠点として産総研内に設置。(2017.4~)
Link: https://unit.aist.go.jp/pana-aaicrl/